2007/02/11

Site Studio (Webサイト構築ツール)

フリーウェアのWebサイト構築ツールを見つけたのでメモ。以前はシェアウェアだったらしい。しばらくこのSite Studioを使ってみて、後日レビューしよう。Aptanaとの比較なんかできるといいな。Site Studioのライセンスはこちらから取得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PowerbBookG4にメモリ追加!

今日、秋葉原でPowerBookG4のメモリを買ってきた。256MBから一気に1.25GBにアップ。驚くほど快適になる。これでさらに愛着が湧くというものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/03

Sun Solaris 10 (SPARC版) インストールメモ

備忘録として、自宅サーバにオペレーティングシステム Sun Solaris 10 SPARC版のインストールしたときのメモを残しておく。

インストール事前準備

  1. Sun のサイトから Solaris10 をダウンロード。
    ダウンロードには Sun のサイトのアカウント作成が必要。
  2. ダウンロード後、CD-Rに焼く。
    CD版の場合は6枚、DVD版の場合は1枚。

Solaris10インストール

  1. OpenBoot の起動中、Stop+A キーを押すとプロンプトが ok と表示
  2. CD-ROM ドライブに Solaris10 1/06 を入れる
  3. ターミナルに "boot cdrom" と入力し、Enter
  4. しばらく待つとインストーラが立ち上がる
  5. Select a Language -> "4.Japanese" を選択
  6. 『ようこそ』 -> "次へ"を押下
  7. 『ネットワーク接続性』 -> "する"
  8. eri0 用に DHCP を使用 -> "はい"
  9. eri0 用に IPv6 を有効にする -> "はい"
  10. Kerberos を有効にする -> "いいえ"
  11. ネームサービス -> "DNS"
  12. ドメイン名 -> "******.***"
  13. DNS サーバの IP アドレス -> "***.***.***.***"
  14. DNS 検索一覧 -> (入力せず)
  15. 時間帯 -> "大陸/国/地域" -> "アジア" -> "日本"
  16. 日付と時刻 -> (デフォルト)
  17. root パスワード -> **********
  18. 情報の確認 -> "確認"
  19. (しばらく待つ)
  20. Solaris のインストール -> "次へ"
  21. インストール後に『自動的にリブートするか』 -> "はい"、『CD/DVDを自動的に取り出すか』 -> "はい"
  22. 媒体の指定 -> "CD/DVD"
  23. 『システムの初期化中です』が表示される。しばらく待つ。
  24. ライセンス -> "同意する"
  25. 「アップグレード」または「初期インストール」 -> "初期インストール"
  26. インストール形式の選択 -> "カスタムインストール"
  27. ソフトウェアのロケール選択 -> "ja" と "UTF-8"
  28. システムのロケール選択 -> "UTF-8"
  29. 製品の選択 -> "Documentation" と "Campanion CD"
  30. 追加製品の指定 -> "なし"
  31. Solaris ソフトウェアグループの選択 -> "全体ディストリビューション"
  32. クラスタとパッケージの選択 -> "次へ"
  33. ディスクの選択 -> "次へ"
  34. ファイルシステムの配置 -> "次へ"
  35. インストール準備完了 -> "インストール開始"
  36. (しばらく待つ。自動リブートされる)
  37. 媒体の指定 -> "CD/DVD"
  38. Solaris10 2/06 ディスクを入れ替え -> "了解"
  39. オペレーションにしたがって 3/06、4/06、Document CD、Campanion CD を入替
  40. 自動リブート後、インストール完了

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/10

Qumanaでブログ記事投稿

いままでブログの記事を書くときはWindowsでubicast Bloggerを使っていたが、ようやくMacで使えるフリーソフトQumanaを見つけた。WYSIWYGで日本語入力は使いもにならないくらい反応が遅いが、Source Viewでさくさく行くので問題ない。画像のアップロードもFTPしなくてもできる(らしい)のはすごく楽。この記事もQumanaで書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/11

Webアプリケーション開発ツール Aptana

昨日はJavascript開発者不足について書いたが、今日はJavascriptやCSS、 HTMLなどを開発する上でとても便利なツールの紹介。

  • コード補完&対応ブラウザ表示
  • アウトライン表示
  • エラー警告
  • Eclipseプラグインとしても使える

Aptanaを一度使ってみてはどうだるう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/07

うちのPowerBookが!!

自宅でメインPCとして使っているPowerBookが故障した。HDDが壊れた模様。 ソフトウェアアップデートして再起動したら二度と立ち上がることがなかった。渋谷のAppleStoreにもって行く。 応対してくれたのが外国人のお兄さん。

(お兄さん)『バックアップ取りました?』...
(俺)『とってないですねー。』...
(お兄さん)『ダメじゃないですかー(笑)』
 手の甲で突っ込まれる。

在庫があれば三日程度で修理が出来るとのこと。せっかくフィルムを現像してきたのにスキャンできないのが悔しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/14

トイカメラといってもイロイロ

HOLGAで撮る写真の予想外な仕上がり具合の面白さはまったく飽きが来ない。 とはいえまだまだ35mmフィルムしか試したことのない邪道HOLGA使いの俺。次こそは120フィルムで!と思うのだが、 買いだめしているポジフィルムの使い道がなくなってしまう。最近覚えたクロス現像もまだまだやりたいしね。
そこで考えた。HOLGAを本来の120フィルム専用として使い、35mm用にもうひとつ別のカメラを買ったら良いのでは? トイカメラの範疇で探せば数千円で手に入る代物だしね。
イロイロ探している中で気になったものをピックアップ。

  • Agfa OPTIMA シリーズ
    形がすげーカッコいい。良く見たらドイツ製らしいので納得。日本でも修理可能なようなので安心して使えそう。
  • SMENA 35
    SMENA 8の進化バージョン。SMENA 8と同じレンズで、さらに操作性が向上したもの。
  • SEAGULL
    HOLGAと同じく中国で生産されている二眼レフカメラ。最近はポートレートを撮りたい衝動に駆られていて、これで撮りたい。 チョー欲しい。あ、これは120フィルムか。
  • Fisheye2
    ロモグラフィーより発売の魚眼カメラ。170度の超広角レンズに加え、多重露光機能やバルブ機能がついて、 面白い写真を気軽に撮れるところが良いかも。

最近は自分で組み立てる物などトイカメラは多種にわたっているようだ。その中でもHOLGAが一番普及しているのかな。この間、 HOLGAを片手に渋谷をぶらぶらしてたら、HOLGAを手に被写体を探している人を二人も見かけたし。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/09/06

HOLGAコミュニティ

mixiにHOLGAのコミュニティを立ち上げてからしばらく経ったけど、 気がつけばマイミクシィの数よりも参加人数が多くなっていた。嬉しいですね。まだ未参加の方や、 カメラを持っていない人も参加大歓迎なので気軽に参加ください。

最近は撮りたい写真にすごくこだわりが出てきて、シャッターを押す機会がかなり減ってきた。 妥協しないのでなかなかシャッターチャンスがない。今チャレンジしているのは、構図に人物を入れつつ非現実的な写真を撮ること。… なかなか難しいよね。例えば以前に撮ったこれとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/15

かっこいいスクリーンセーバー

会社のPCのスクリーンセーバー、何気にこだわる。離席時に表示されるかっこいいスクリーンセーバー、 それを見た社内メンバーの顔を想像するだけで気分がよくなる。自慢したくなる。

  • amana - この前まで使っていたスクリーンセーバー。写真がきれいだし、トランジションがかっこいい。
  • Star Alliance Screen Saver - 今のスクリーンセーバー。世界地図の上で、 世界中の飛行機の位置が表示される。見ているだけでも飽きない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/11

Holga 本

Holga の本を買った。Holgaを使った撮影の楽しみ方や 『ネガとポジに…』などの一風変わった現像の出し方などのってます。この本はいいね。いろいろ試してみたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧